山下歯科医院

診療案内|吹田市の歯医者・歯科|山下歯科医院

ご予約・お問い合わせ tel.06-6879-2323

〒565-0824
大阪府吹田市山田西4丁目2-6 山和ハイツ101

診療案内

一般的な歯科治療

当院では、できる限り「削らない治療」を心がけています。そのために薬で虫歯に色をつけて健全な部分と見分け、悪くなった場所だけを削るようにしています。健康な歯をなるべく多く残すことが、歯を長持ちさせるためには大切だからです。

一口に「虫歯」と言っても、その症状は様々です。歯が「しみる」ときは、虫歯が神経のすぐ近くまで迫ってきている可能性があります。そのため、たとえ激しい痛みがなくても早めの受診をおすすめします。放っておけば、夜も眠れないくらいの激痛に悩まされることになりかねません。

歯が「ずきずきと痛む」場合は、虫歯が神経まで達しているか、歯の中に膿がたまっていることがあります。ひどいときには、一晩で頬やあごが腫れあがってしまいます。さらに、放置すれば痛みや腫れに何度も悩まされたあげく、隣の歯まで虫歯に侵されてしまいます。治療をするにしても、歯を抜いたり、神経を取り除いたりといった大がかりな処置をしなくてはなりません。治療期間も短くて1ヶ月、長ければ2〜3ヶ月になることもあります。

そうならないためには「おかしいな」と感じたら早めに受診することと、定期検診に通って虫歯の予防に取り組むことが大切です。当院が、虫歯の痛みに悩まされることのない、健康的なお口づくりをサポートいたします。

小児歯科

「乳歯は抜けてしまうから虫歯になってもいい」と思ってはいませんか?しかし乳歯は、お子さまの「噛む機能」「発音」「歯並び」に大きく影響します。ぜひ、乳歯のうちから予防に取り組み、お子さまのお口の健康を守ってあげてください。

よく噛んで食べることは、お子さまの健全な成長を促します。食べ物を細かく砕くことで、必要な栄養素が効率よく吸収できるようになるからです。

また、歯は発音のためにも欠かせません。たくさんの言葉を学ぶ幼児期に歯が健康だと、正しくきれいな発音を身につけやすくなります。

さらに、乳歯の根が、次に生えてくる永久歯のガイドになることをご存知ですか? そのため、虫歯のせいで乳歯が失われていると、永久歯が正しい位置に生えてこないことがあります。その結果として、歯並びが悪くなってしまうのです。

だからこそ、早めに通院を始めることが大切です。当院では、お子さまが無理なく通い続けられるように、医院に慣れてもらうことから診療を始めます。極力、いやがるお子さまをいきなり治療することはありません。また、きれいな歯をつくるために、正しい姿勢や舌の使い方の指導も行っています。そういった一見すると歯とは関係のなさそうなことも、お口の健康には深く結びついています。

予防歯科

当院おすすめの予防メニューは「PMTC」という歯のクリーニングと、フッ素塗布です。これらをご自宅でのケアと並行して行うことで、より効率的に予防に取り組むことができます。

「PMTC」とは、簡単に言うと「専用の器具を使った、医療従事者による歯のお掃除」です。しっかり歯磨きをしていても、歯にはバイオフィルムという細菌の塊がこびりついていきます。こういった歯ブラシではなかなか落とせない汚れをお掃除するのがPMTCの役割です。

PMTCを定期的に受けることによって、ふだんは磨くことのできないお口の隅々まできれいにすることができ、虫歯・歯周病になりづらいお口の環境をつくることができます。

「フッ素」は塗ることで歯を強くし、虫歯になりにくくしてくれる薬のようなものです。特に歯が永久歯に生え変わる6〜15才のお子さまにおすすめです。もちろん、フッ素を塗ったからと言って虫歯にならないわけではありませんので、ご自宅でのケアを補助するものとしてご利用ください。

レーザー治療

歯科用レーザーをご存知ですか?レーザーは光のエネルギーを利用した機器で、治療中の痛みをやわらげたり、治療後の腫れを抑えたりする作用があります。当院はこのレーザーを様々な治療に活用しています。

例えば虫歯になった箇所にレーザーを当てると、痛みを抑えつつ、菌を殺菌することが可能です。また、健康な歯に照射した場合は、歯質を強化し、虫歯になりにくくしてくれます。

レーザーは歯周病の治療にも役立ちます。歯茎に照射すると、免疫機能が強まり、細菌の定着や歯肉の炎症を抑えてくれます。メスとしても使えるので、腫れている歯茎から膿を取り出すときにも活躍します。レーザーを使うと、通常の方法と比べて痛みや腫れが少なくて済むのも大きな利点です。

その他にも口内炎の治療、顎関節の痛みの緩和、腫瘍の切除など、レーザーの用途は数多くあります。このように使い道の多い優秀な器具をそろえることで、より良い治療を提供できるよう努めています。

かみ合わせ治療

当院はかみ合わせの不調からくる、あご周りの異常にも対応しています。「あごの筋肉が痛む」「口が開けづらい」「顎関節が痛む上、音が鳴る」こんな症状に覚えのある方は、気軽にご来院ください。

当院はこれらの不調に対し、いくつかの治療オプションをご用意しています。まずは専用のマウスピースをつくり、それをはめていただくことで、顎関節にかかる負担を軽くします。

また、症状の出どころを見極め、原因を元から断つ努力をします。寝るときの姿勢が悪い方、頬杖をつく癖のある方は顎関節に異常が出やすいことをご存知でしょうか。ときには虫歯の影響でかみ合わせがずれたことが原因になっている場合もあります。

原因が違う以上、必要な治療も変わってきます。被せ物を少し調整するだけで良い場合もあれば、矯正をして歯の並びから見直さなくてはいけないこともあります。そのため、まずは一度ご相談にお越しください。

審美治療

「歯をもっと白くしたい」「銀歯を白い素材に変えたい」というご要望はありませんか?薬液で歯を白くしたり、白くてきれいな素材を歯に貼り付けたりするなど、それらにお応えできる治療は様々あります。それぞれ保険が適用できるものと、そうでないものがあるので、患者さまのご要望をお聞かせください。一緒に、ご自身に合った治療法を探していきましょう。


さらに、当院は歯の見た目を整えるだけではなく、あくまで機能を損なわないような治療を心がけています。歯としてしっかり使えてこそ、その美しさにも磨きがかかると考えています。

矯正歯科

歯並びが悪いと「虫歯や歯周病にかかりやすい」「発音が悪くなる」「顔やあごの形が歪むことがある」といったデメリットがあります。そのため、当院は患者さまに健全な生活を送っていただくためにも矯正をおすすめしています。

まずはお口の中を見させていただき、必要な治療法などを大まかに説明させていただきます。その後、レントゲン撮影や歯型の採取などの詳しい検査を経て、治療計画を立てます。それに納得していただけたら、はじめて治療がスタートです。来院されていきなり治療が始まることはないので、気軽に相談にいらしてください。

当院は特にお子さまの「受け口」の治療に力を入れています。受け口とは、通常とは逆に、下の歯が上の歯より前に来てしまっている状態を言います。

受け口の治療は、まだ永久歯が生える前の2〜3才頃が良いとされています。当院はその年齢のお子さまでも無理なく治療が続けられるように「ムーシールド」という矯正装置をご用意しています。おしゃぶりのようなつけ心地なので、装着時のストレスはかなり軽減されます。

しかし、舌や唇などが歯を押してしまうことで、せっかくきれいに並べた歯列がまた乱れてしまうことがあります。当院はそういったことがないように、お口元のトレーニングも行っています。治療後の状態にも責任を持ち、ご対応いたします。

インプラント

インプラント治療をする際、当院ではシミュレーションソフトによる分析を行っています。歯科用CTで撮影したデータをコンピューターで読み込むことで、よりリスクの少ない位置にインプラントを埋め込むためのものです。

インプラントは、歯を失ってしまった場所に人工の歯を埋め込む治療法です。骨に直接固定するので、安定性に優れ、よく噛めるという利点があります。また、周囲の歯にかかる負担も少ないので、歯を長持ちさせやすくなります。その反面、外科手術が必要になるため不安をお持ちの方も多いでしょう。シミュレーションソフトは、そのような不安を抑える一助となるものです。

また、インプラント治療に先がけて、当院ではいくつかの細かい診査・診断を行います。まずは治療についての説明を行い、次に患者さまの健康状態を詳しくチェックします。病気の有無、口の中の検査、レントゲン撮影、歯型の採取など、チェック項目は多岐にわたります。

その上で治療方針を決め、改めて説明をさせていただきます。検査の結果によっては、より設備の整った大学病院をご紹介することもあります。

さらに、歯周病にかかっている方にはまず、歯周病治療を受けていただきます。歯周病にかかった歯茎は安定せず、インプラントが長持ちしづらいからです。事前準備に手を抜かず、患者さまに不安とリスクの少ない治療をご提供できるよう努めています。