完全予約制 ※急患のみ随時
〒565-0824 大阪府吹田市山田西4丁目2-6 山和ハイツ101
お問い合わせはこちら TEL:06-6879-2323
メールでお問い合わせ

吹田市山田 阪急千里線「山田駅」大阪モノレール「山田駅」徒歩1分 山下歯科医院

かみ合わせ・顎関節症

かみ合わせ

顎関節、咀嚼筋、咬合の3つの要素とそれらをコントロールする神経がバランスよく働いています。
これを大きな意味でのかみ合わせと呼んでいます。

顎関節とは
顎関節は、下あごの骨(下顎骨)を、頭の両側で頭蓋(側頭骨)と連結している関節です。
ご自分の耳の少し前に指をあてがって大きく口を開けてみて下さい。
左右の指に関節の動きが伝わるはずです。
この顎関節が滑らかに前後・左右に動くことで、私たちは、しゃべったり、食事をしたり、あくびをしたりすることができます。

咀嚼筋とは
咀嚼筋は、咀嚼(食べ物を口の中でかみくだいたり、すりつぶしたりして、飲み込めるようにすること)する時にアゴを動かしている筋肉です。

咬合とは
口を閉じた時に上下の歯が接触する動作、さらには上下の歯の接触、またはその接触関係を咬合といいます。

かみ合わせが悪くなると

  • 顎の筋肉が痛む
  • 口が開けにくい
  • 顔や首や肩の痛み
  • 顎関節に痛みを伴う雑音
  • 再発性の頭痛
  • 虫歯でもないのに歯が痛い などの症状がみられます。

顎関節症とは

あごの関節(顎関節)、かみ合わせに関係する筋肉、首や肩の筋肉、の違和感や痛み、
運動障害など、口に関わるいろいろな機能異常を総称したもので、関節に大きな力が
加わるような外傷、不正なかみ合わせ、あるいは、精神的や肉体的なストレスが、
原因として関係している可能性が報告されています。

かみ合わせ検査

オクルーザー(咬合力測定システム)

かむ力、かみ合わせのバランス、顎関節や下顎自体の動き方など今まで見ることの出来なかったものが、
以下の装置などを使用することによって、客観的に診断できるようになりました。

顎関節症、かみ合わせの治療

1. スプリントの装着による対症療法

スプリントと呼ばれるマウスピースのような物をお口にはめてもらい、顎の関節にかかる過度な負担を軽くするようにします。
初めは1~2週間に一度を目安に、状態チェックとスプリントの調整をします。
何回かの調整の後は、顎関節の状態により1~3ヵ月の間をあけて、経過観察とスプリントの調整をします。


スプリント

2. 原因、誘因の除去

顎関節の原因には、不適合な補綴物によるもの、寝る時の姿勢や頬杖によるもの、成長段階において咬み合わせがおかしくなってしまったもの、虫歯や歯の喪失によって咬み合わせがおかしくなってしまったもの、片咬みなどの食習慣によるものなど様々な要因が考えられます。
咬み合わせを少し調整したり、虫歯や被せ物などをやり直すだけでいいものから、矯正などの処置が必要になってくるものなど、その原因によって治療法様々ですので、詳しくは一度、ご来院のうえ、ご相談下さい。

吹田市 市民検診のご案内
求人情報
診療時間 午前9:30~13:00 午後15:00~21:00 休診 木曜/日曜/祝日 ※祝日のある週は木曜診療
PAGE TOP